FC2ブログ

より大きく・・・

►2006/10/14 16:33 

20061014162906.jpg
昨日蕾だったホワイト・マルメゾンことクロン・プリンツェッシン・ビクトリア。

20061014162926.jpg
朝からずっと仕事していて一息つける頃にはすっかり開いてしまった。
西日が当たってうっすら黄色っぽく写ってるけど実物は純白。

20061014162956.jpg
白飛びしちゃってるけどこっちの方が実物に近いかも。

[過去育てたバラ]クロン・プリンツェッシン・ビクトリアComment(2) | Top ▲

2番花もそろそろ終わり。

►2006/07/04 18:30 

20060704181035.jpg
クロン・プリンツェッシン・ビクトリア(ホワイト・マルメゾン)、2番花もそろそろ終盤。
ひとつひとつの花は小ぶりになってしまったけれど
その分花数でカバーしてくれているかのように咲いている。
元々、花付きのよい品種なのか、2番花でも私にとっては十分過ぎるほどの花数。
こうなってくると…秋のお花にもたくさんの期待が膨らんでしまう。

20060704181121.jpg
1番花の頃とは趣の違う咲き方になっているが
未発達の縦長花弁がなんだか新鮮に見えてしまう。
このまま数日保ってくれたら…イヤイヤ…現実はそう甘くない。
連日の暑さで1日経てば縦長花弁はさらにチョリチョリの
ティッシュで作った紙縒り(こより)のようになってしまう~。

[過去育てたバラ]クロン・プリンツェッシン・ビクトリアComment(0) | Top ▲

ホワイト・マルメゾン・・・2番花

►2006/06/22 09:59 

樹形が暴れる事もなく、早咲き、花数も多く、シュートの上がりも悪くない、
別名ホワイト・マルメゾンと言われているのでスヴニール・ド・ラ・マルメゾンのように
雨にボーリングしやすいのかと思っていたが全く雨の影響を受ける事無く次々と開いていく。
育てている方があまり多くないのか、数名の方のサイトを見る限りでは
同じような咲き方で花弁数が少なめ。
家だけがそうなのかと思って検索してみたので少しホッとした。
20060622093532.jpg

クロン・プリンツェッシン・ビクトリアは咲き始めの美しいバラだと思う。
咲き進むと下の写真のようにちょっとだらしないお姿になってしまう。
20060622093627.jpg

[過去育てたバラ]クロン・プリンツェッシン・ビクトリアComment(0) | Top ▲

ゆっくりと・・・

►2006/05/08 14:08 

我が家での2番手さんはクロンプリンツェッシン・ビクトリアだった。
去年の秋、我が家にお迎えした時よりも大きめのお花で咲き始めてる。
20060508140325.jpg

別名をホワイト・マルメゾンと言ってスーヴニール・ド・ラ・マルメゾンの変異種であるこのバラ、
スーヴニール・ド・ラ・マルメゾンより樹勢がややおとなしいらしい。
20060508140733.jpg

[過去育てたバラ]クロン・プリンツェッシン・ビクトリアComment(0) | Top ▲

2番目に蕾をつけたのは・・・

►2006/04/04 10:44 

皆さんの次から次への蕾報告をひたすら羨んでいた我が家にもやっと2番目の蕾がお目見えした。
ここ最近、葉っぱをめくっての蕾探しが習慣化している。
この蕾も本当は数日前に葉っぱの中にかすかに見える状態の時に見つけてはいたのだけれど
私のカメラの腕ではなんとか撮影できるサイズになるまで見守るしかなかった。
まだ、蕾全体の姿は現していないけれどそれでも我が家にとってはうれしい蕾2号なのだ。

このクロン・プリンツェッシン・ビクトリアはスーヴニール・ド・ラ・マルメゾンの変異種で別名をホワイト・マルメゾンと言うらしい。
説明によるとマルメゾンよりも樹勢がおとなしいらしく、その辺も気に入ってる。
あの大小の花びらの入り混じったかわいい花を早く見たい。

20060404104225.jpg


20060404104336.jpg

[過去育てたバラ]クロン・プリンツェッシン・ビクトリアComment(4) | Top ▲

クロン・プリンツェッシン・ビクトリア

►2005/10/30 12:01 

20051030115142.jpg

さっき水遣りに出てみたらクロン・プリンツェッシン・ビクトリアが咲いてた。
このバラも相原バラ園の秋苗でお迎えしたんだ。
届いた時の花は上を向いて咲いていたけど、気温の下がった今、
蕾も充実しての事か、まるっきり下を向いて咲き始めてる。
ほんのりと淡い黄緑色がのるバラ・・・上向いてよ~。
クリスマスローズの撮影の時も苦労したけど・・・バラの撮影も大変だ~。
優れもののカメラが欲しいという欲望がまた頭を持ち上げそう。

[過去育てたバラ]クロン・プリンツェッシン・ビクトリアComment(3)Trackback(0) | Top ▲

««Back | Blog Top |