FC2ブログ

サンシャインからのお持ち帰り4

►2010/02/22 10:36 

        №80ddブラック系1

№80ddブラック系2

№80ddブラック系3

№80ddブラック系4

№80ddブラック系5
同じく野田さんのブースで見つけたちょっと灰色がかった黒っぽい個体。
ウネウネッとした感じも気に入ってお迎えした。
もちろん会場で見た色と家で見た色は違ってしまっているけれど
でもこれはこれでいいんじゃないかと思っている。


*****追記*****
2010・10 夏、地上部が枯れ新芽も出なかった。
鉢を崩すと根が腐っていた。

スポンサーサイト



[過去育てていたクリスマスローズ]№80ddブラック系Comment(6) | Top ▲

コメント

こんにちは~

会場では違う色に見えるのですか?
どのような色に見えたのでしょう・・・??
これは黒い炎という雰囲気ですね~
名づけて黒炎??


No:6490 2010/02/22 12:42 | 花梨 #eC5WH6i6URL[ 編集 ]

花梨さんへ

窓ひとつない室内で人工的な光の中では使われている照明によっても
見え方が違ってくるんだと思うんですよ。
私はまだ見る目が養えていないようでそのままの色と思い込んだ訳ではないけれど
ここまで違うとは思いませんでした。
プラス、私がリアルな色で写真をお見せできないので
本当に困ってしまいます。
言葉で言うなら灰紫と言うんでしょうか?
灰色っぽい色に見えていてここまで茶色っぽく見えなかったんです。
でもスレートっぽい感じは残っているし、形はとても気に入っているので
大事にしたいと思ってます。
黒炎・・・あんまり黒くはないので黒という文字はこの株にとってはお荷物になっちゃいそう。
でも・・・メラメラと炎のイメージはありますよね。
少しひねって愛称として使わせていただこうかしら?


No:6493 2010/02/22 16:55 | ドルシュキ #-URL[ 編集 ]

やっぱり!

サンシャインシリーズNo2でコメントを入れようか、迷ったんですよ。ですが「そんなはずはない」と・・・・。
見送って正解か、読みが当たったか、しっかりNo4まで楽しませていただきました。オリエンタリス・オリエンタリス(コーカシクス)の開花株があったんですね。すごい。超好みの色です。私は巡り会えずアブシャンクスの自称白とご対面。そんなはずは・・・と思いながら、まぁいいか。ドルさまは「燃焼系」がお好きなのかな・・・・。今回は図らずもとってもドル様と奇遇な結果にビックリ。「黒」は人の心を惑わせますね。


No:6496 2010/02/22 23:02 | Malmaison #-URL編集 ]

Malmaisonさんへ

o(*^▽^*)oあはっ♪お見通しですね~。
一緒にUPしたかったのですがイマイチ写真が気に入らなくって翌日撮りなおしと思っていたのですが
やっぱり赤みが強く写ってしまうのは変わりませんでした。
技術のない私にもそのままの色が写るカメラが欲しいです。

コーカシクス・・・5つくらいありましたよ。
家へお迎えしたのが1番小さめの花でした。
私もアブちゃんお迎えしようと思ってたんです。
でも開花株に微量のスポットを発見してしまってパスしちゃいました。
ノンスポットのほんのりピンク系のアブちゃんがいたら
お迎えしたかったです。
グッタタスもノンスポットがあればお迎えしたいけれど
こちらは見つけるのが大変そうですよね。(='m')くすくすっ♪

燃焼系・・・ヾ(>▽<)oきゃはははっ!好きみたいです~。
黒は本当に罪作りな色ですよね~。
これからも黒を追い求めていくんだろうなと思っちゃいます。
ではこれからMalmaisonさんのお宝に会いに行きますね。


No:6497 2010/02/23 09:17 | ドルシュキ #-URL[ 編集 ]

おはようございま~す。
こちらの新入りさんも素敵な色ですね。
これは何咲かしら?
ひらひらで綺麗ですね。
シベもいい感じ
この子は気に入ってもらえたのね(良かったね)


No:6499 2010/02/23 09:40 | imi #Qi8cNrCAURL編集 ]

imiさんへ

何咲きって言うんでしょうね?勉強不足でごめんなさい。
花弁に特徴が出るのも交配親の遺伝子なんでしょうね。
ご両親はどんなお顔立ちだったのか・・・妄想は膨らみます。
こういう、ウネウネっとした感じ~、好きなんです。
思わずキレイ~って思っちゃうんですよね。
これは他の色でも同じ・・・こういう咲き方の子を集めたくなります。


No:6501 2010/02/23 10:34 | ドルシュキ #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |