FC2ブログ

少しはイエローが

►2009/03/12 16:28 

№45ddイエロー1

№45ddイエロー2

№45ddイエロー3
この間からピンクで咲いちゃった~と騒いでるddイエロー・・・少しイエローが戻ってきた。
それでも去年の姿に比べるとずっとピンクになっちゃってるんだけれど
一応内側の花弁の中側はイエローをかろうじて保っているみたい。

       DDイエローB1

DDイエローB6
この2枚はお迎えした時のお姿。
この写真と比べるとずいぶんとピンクが強く出てきちゃっているでしょ。
お迎え当時の事を振り返って思い出してみてフッと思ったんだけれど
この花は室内で咲いていた開花株を買ってきたんだよね。
お店の売場に並ぶ前だっておそらくはハウスの中で育てられていたんじゃないかって思う。
今年、もし同じ環境で咲かせたんだとしたらこんなにピンクが出る事はなかったんじゃ・・・。
ミニバラではベンムーンのようにブルー系の花が太陽の影響(紫外線)で赤みが強く出るために
本来の紫っぽい色より濃いピンクがかったように咲く事があるでしょ?
クリスマスローズでもそういう事が起こるんだろうか~なんて思ったりした。
じゃあ、来年はこの株だけ室内で育ててみる?
(´ヘ`;) う~ん・・・そんな事したらたぶん私の事、枯らすだろうな~。
来年は元の色で咲いてくれて今こうしてあーだこーだ言ってるのを
バッカみた~いって思えるのが一番なんだけど・・・。

スポンサーサイト



[クリスマスローズ・ダブル]№44ddイエローBComment(4) | Top ▲

コメント

いいですね~♪

照明さんが光りをあてたみたいに輝いていますね。
とてもかわいいですよ。ピンクが強く出るのは確かに温度や日照も関係するでしょうね。それから窒素分の多い肥料とか。この花だたらピコの花と交配させてddピコアプリなんか狙って見たいですよ~。


No:3906 2009/03/12 21:31 | Malmaison #-URL編集 ]

Malmaisonさんへ

アッ、肥料も関係ありそうですね。
今年は今までと同じじゃないからそのせいもあるのかもしれません。
肥料を変えたのが影響してるのか、今年の花はどれも一回り小さいような気がするし。
今回の肥料、窒素分はどうだったかしら?
クリスマスローズ専用肥料だったからまったく気にしてませんでした。
あとで見てみなくっちゃ~。

交配の練習始めましたよ。
まだまだ、狙いを定めて・・・という段階ではないんですけどね。
充実してそうな株にその時花粉のいっぱい出てるのを・・・ってその程度。
種から育てる事もできるかどうかわからないので
3パターンだけチャレンジしてみました。
うまく採種できて種蒔き、発芽、生育と順調に育ってくれるといいんですけどね。


No:3908 2009/03/13 07:57 | ドルシュキ #-URL編集 ]

肥料の良し悪し

ドルシュキさんならご存知でしょうけど、バラは肥料の3元素の比率で花がボーリングしたり色が変わったりしますよね。一般的な化学肥料は山型ですけど、油粕などを主成分とする肥料は結構N過多になってしまうように思います。交配した後種を大きくするためにNは重要ですが、花を大きくするならPが重要ですよね。私は花が咲くまでは液肥にして燐酸を多く含む配合を施しています。それに、そもそも花は子孫を残す術ですから、少し飢餓状態のほうが綺麗な花が咲くんですよね。


No:3915 2009/03/13 22:52 | Malmaison #-URL編集 ]

Malmaisonさんへ

植物と接するようになってただ花が咲いて大喜びしていた頃が懐かしく思えます。
どんな花でも咲いてくれた事に感謝できていた自分・・・どこへ行っちゃったんでしょう?
より美しく、より大きくなどと自分の欲求を満たす為に
肥料の事を始め学習が始まっちゃったんですよね。(='m')くすくすっ♪
事が起こるとアレコレ調べ学んだはずなのにそれが思い出せない・・・
こんな事の繰り返しで相変わらずのドタバタ園芸なんですよ。
こまめに状態に応じて施肥をするのが理想ですね。
Malmaisonさんは植物と会話しながら上手に育てていらっしゃるのだと
感心してしまいました。
私も少しは見習わないといけませんね。

そもそも花は子孫を残す術ですから、少し飢餓状態のほうが綺麗な花が咲く
・・・トマトの甘みを引き出す方法でもこの考えを逆手にとって栽培されていますよね。
もともとの植物の能力・・・素晴らしい事です。


No:3918 2009/03/14 10:45 | ドルシュキ #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |