スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

ちっこいパルフェ

►2007/05/11 17:54 

20070511174955.jpg
わずか、5cmほどの小輪で咲くポンポン・ブラン・パルフェ。
小さくたって一人前にボタンアイの持ち主。

20070511174925.jpg
咲き始めは濃いピンクだけれどすぐに褪色が始まり薄いピンクに変化していく。
本当は白に褪色するらしいが我が家では白くなる前に散ってしまう。

スポンサーサイト

[過去育てたバラ]ポンポン・ブランパルフェComment(2) | Top ▲

意外に早く・・・

►2006/05/10 12:07 

20060510115644.jpg

蕾の遅かったポンポン・ブラン・パルフェに蕾を見つけてから開花まで
意外に早くてちょっと驚いたけど、これはうれしい驚き。
想像していたよりも濃いめのピンクで咲き出した花は1日経つと
花色が薄くなってきている。

 20060510120119.jpg

こちらが昨日の様子。

20060510120245.jpg

これが今日の様子。

咲き進むにつれてだんだんと白っぽくなっていくのかな~?
明日以降もよく観察しなくっちゃ!

とってもかわいいバラなんだけどそのかわいさはミニバラより小さくて
3・5センチしかない。
これ以上近づいての撮影は私には無理だ~。

[過去育てたバラ]ポンポン・ブランパルフェComment(2) | Top ▲

ようやく・・・

►2006/04/29 11:34 

一季咲きのポンポン・ブラン・パルフェは去年、がーでぴあで開花後値下げされてる株を購入した。
一季咲きという事と確か白い小さな花だったような・・・
それ以外のデーターはわからないまま、名前の響きが気に入って連れて帰った。
我が家に迎えてすぐにウドンコ病・黒点病を発症し、下葉がボロボロと落ちる毎日、
鉢の中に落ちた葉っぱを掃除するたびにお迎えした事を後悔した事もしばしば。
だんだんと私の中で厄介者というイメージが大きく育ってきていた。
冬の剪定の際、刈り込みバサミで10cmくらい刈り込んだというスゴイ剪定の仕方、
この頃にはもう、翌年の花を楽しみにしてる私はいなかったのだ。

他のバラのほとんどに蕾が付き始めても葉だけを茂らせ、まるで咲く気がない様子。
やはり、無謀な剪定がいけなかったのかと隠居スペースに引越しする事も考えていた。
察したのか、ここ数日で次々と蕾が付き始めて引越しは取り止めになった。

20060429111344.jpg


蕾が付いた事に気を良くして改めてこのバラを検索。
予想通り、5cmほどの小輪でラッキーな事に強香。
花の色は白だがペールピンクっぽい白みたい。
案外、可愛いかも~と思いながら樹高を確認すると
半つるで2mとあった。
Σ( ̄ロ ̄|||)なんと!?2mとな?
購入時の樹高だって今より10cmくらい大きかっただけだぞ。
それが2mにもなる代物だったなんてそれを知ってたら購入しなかったかも~。
一体、どこに誘引するのよ~。(-ε-)ブーブー
枝が細いから来年はオベリスクにでもグルグル巻きにするようかな~。
でも去年購入後もそれほど大きく育った覚えはないし、
最初にこのサイズに仕立てられてるからシュートでも出ない限り
このままでもいいかな。
20060429112613.jpg

5cmの花に違和感のないよう葉っぱもとっても小さい。
写真の上に写ってるコーネリアの葉っぱと比べてもご覧のとおり。
コーネリアを誘引したすぐ下で小さな白い花、コーネリアの引き立て役で
このまま頑張ってもらおう。

[過去育てたバラ]ポンポン・ブランパルフェComment(7) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。