スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

今度こそ、お願い!

►2015/06/13 14:32 

我が家のセシル・ドゥ・ヴォーランジェ・・・1株めは台木に乗っ取られてお星様に、
2株めは前年まで元気だったし、冬の植え替えの際にもコガネベビーの被害もなく
根張りも悪くなかったのに春先、芽吹き始めたと思ったらその芽はしんなりして
枝は見る見るうちに黄色くあっという間に枯れてしまった。
枯れてしまった株を引っ張り出して根をチェックしてみたが
冬の植え替え時より根は少なくなっていてまっ黒・・・ただコガネベビーはいなかった。
何が原因だったのかもわからず、またお迎えするのも躊躇っていたのだけれど
やっぱりあのザックリと割れた形のセシル・・・忘れられなくてお迎えしてしまった。

       セシル (1)

セシル (2)

セシル (3)
本当は大苗でお迎えしたかったんだけれど
この時季に大苗って人気品種では無理なので仕方なく、新苗。
花は今までの株でも見てるのだからカットしなくちゃ~と思っていたのに
結局カットするのを忘れて咲かせちゃった。
 
       セシル (1)

セシル (2)

セシル (3)

セシル (4)

翌日・・・
セシル (5)

セシル (6)

セシル (7)
ザックリと割れた中央にはしっかりボタンアイも作られてて、
やっぱりとっても可愛いバラだわ~。
今度こそ、しっかりと育ってもらえますように。

スポンサーサイト

[Shrub]セシル・ドゥ・ヴォーランジェComment(4) | Top ▲

セシル3番花

►2014/08/26 08:53 

セシル (1)

セシル (2)

セシル (3)

セシル (4)

セシル (5)

      セシル (6)
夏場はほぼ白で咲くセシル・・・残念ながらボタンアイは作れずグリーンアイだけになってる。
多くのバラの夏の姿は花弁数が減り花型さえ変貌してしまってガッカリになるけど
このセシルの夏顔はかわいいと思えちゃう。
こういうあっさりな姿なら歓迎できるな~。
管理横張りの樹形だった我が家のセシルに今頃になって待望のシュート2本。
横に這った旧枝の株元付近から真っ直ぐに上に向かって伸びてくれてるので
今までの様な大股開き樹形からは卒業できそう。

[Shrub]セシル・ドゥ・ヴォーランジェComment(2) | Top ▲

セシル2番花

►2014/07/26 10:15 

セシル (1)

セシル (2)

セシル (3)
夏場のセシル・・・蕾のうちはややピンクだけど咲くとほとんど白の花になるみたい。
やっと作ってる感じのボタンアイはペッタンコ。

[Shrub]セシル・ドゥ・ヴォーランジェComment(0) | Top ▲

セシルのその後

►2014/06/13 08:58 

セシル (1)

セシル (2)

セシル (3)

セシル (4)

セシル (5)

セシル (1)

セシル (2)

セシル (3)

セシル (4)

セシル (5)

       セシル (1)

       セシル (2)

セシル (3)

セシル (4)

セシル (5)

          セシル (1)

       セシル (2)

セシル (3)

セシル (4)

セシル (1)

セシル (2)

セシル (3)

セシル (4)

      セシル (5)

セシル (1)

セシル (2)

セシル (3)

       セシル (4)

セシル (5)

開花期間は1週間ほどだったけれどワッと咲いてくれたセシル・ドゥ・ヴォーランジェ。
とってもラブリーなドレスを思わせるような印象のバラ、
このバラの紹介文(説明文)のとおり、柑橘系を剥いた時のように
ザックリと割れた中にグリーンアイを見せている。

[Shrub]セシル・ドゥ・ヴォーランジェComment(0) | Top ▲

セシル開花

►2014/05/18 15:01 

セシル (1)

セシル (2)

セシル (1)

セシル (2)

セシル (3)

セシル (4)
セシル (5)

セシル (6)
本当に柑橘系フルーツをザクッと割ったように咲くセシル、ドゥ・ヴォーランジュ
それがまた変わっていてユニークでかわいいな~と思えるバラ。
ザクッと割れた中心にはボタンアイを覗かせるとっても魅力的なバラだよね。

[Shrub]セシル・ドゥ・ヴォーランジェComment(0) | Top ▲

もう1株お迎え

►2013/06/12 09:05 

我が家のセシルさん、ちっとも大きくなってくれないので大苗欲しいな~ってそればっかり思ってた。
先日、お迎えのチャンスに恵まれて(*^m^*) ムフッ花付き苗を購入する事ができたの。

       セシルB (1)

       セシルB (3)

       セシルB (4)

セシルB (5)
届いた苗は蕾と花がたくさん付いた苗でちょっと驚いた。
だってお値段も安かったし(確か新苗と500円くらいしか違わなかったと思う。)
大苗とは言っても新苗が生長したくらいの感じだと思っていたから結構な立派さにニマニマしちゃった。
雨にかかったら花びら汚れちゃいそうだし…軒下にお連れして窓を開けて見てはニマニマしてるの。

家には先にお迎えしてるセシルが居るんだけれどそのセシルもちょうど花咲かせてた。
樹が育ってないから摘んだつもりだったんだけれど隣のバラの陰に伸びた枝先の蕾に気づかなかったみたいで
今朝見たら咲き始めてたの。
セシル
今回はちゃんとほんのりピンクになってるし、ザックリと柑橘系のフルーツ割ったようにもなってくれてるけど
樹は相変わらずチビのまま育ってないんだよね~。

やっぱりナーセリーパワーってすごいんだなってつくづく思っちゃったよ。

軒下で翌日キレイに開いたセシル…メッチャカワイイ♪
セシル (1)

セシル (2)

[Shrub]セシル・ドゥ・ヴォーランジェComment(2) | Top ▲

セシル開花

►2013/05/21 09:52 

セシル

セシル
樹が全然育っていないセシルにも一応開花があった。
でも花なんか咲かせてる場合じゃないんだよね、本当のところ!
先日の国バラ会場でもしセシルの大苗の販売があったとしたら
σ(^_^)アタシ…絶対にお迎えしてた、でも販売は新苗オンリーだったからね~。

セシル (3)
お迎えをしなおしたい理由のもうひとつがコレ!
セシルの株元なんだけれど台木の方が頑張っちゃってるみたいで台木のシュート芽が出てるの。
次口のテープより下の位置だし、葉っぱは緑の7枚葉…もう台木シュートで決定でしょ~。
経験から言って台木のシュートがあがるのは接がれた本体の育ちがとっても悪かったりするんだよね。
中にはこんな状況でも台木に負けずと頑張るのもあるのかもしれないけれど
私の経験の中には残念ながらよい結果に結びついた事がなくってね~。
こういう事が起こっちゃうとまた新苗から育てるって事にも抵抗があって
じゃあ、冬を待っての大苗お迎えって事になるのかな~。

セシル
今朝はここまで開いてきたセシルだけれどなんだか幼い感じで終わりそう。
このまま咲き進めば一応は柑橘系をザックリ割ったような姿はなるんだろうけれど
それでも全然迫力不足だと思うのでこれで花はおしまいにしようと思う。
いくら大苗を迎えなおすと思っていてもこの苗だってまだ生きてるんだし
とりあえずは台木シュートを切って株に負担を与えないように本体のシュートを待ってみなくっちゃね。

[Shrub]セシル・ドゥ・ヴォーランジェComment(2) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。