スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

お嫁に行きます

►2013/03/12 11:50 

№53 (1)

       №53 (2)
本日、友達に家にお嫁に行く事になった№53ddピンク。
友達はピンクのお花が好きなのでこの子がいいかなと思ってね。
これが我が家で見る最後の姿…本当はもっとこ洒落た鉢にでも植えてあげて
キレイにラッピングして花嫁衣裳としたいところだけれど
新居でキレイにしてもらった方がいいかな~と、スッピンでの嫁入り!

スポンサーサイト

[クリスマスローズ]プチ実験№52・53Comment(2) | Top ▲

開花って事で~

►2013/02/03 13:39 

3番手に開花となったのは先月20日にいつの間にか蕾がすっかり上がっていた№53のddピンク。
まだシベがギュギュッとしたままだけれどもう開花って事にしちゃいます。
本当ならば花粉が出始める頃の写真の方がいかにも開花写真って感じなのでしょうけどね。

№53ddピンク (1)

№53ddピンク(2)

№53ddピンク (3)

>> ReadMore

[クリスマスローズ]プチ実験№52・53Comment(4) | Top ▲

もう少し。。。

►2013/01/20 10:38 

なかなか蕾を葉っぱの中から出そうとしないクリスマスローズたち…
今年は特に焦らされてる感が強く感じるな~。
蕾の先っぽは見えてるのに葉っぱの中から出ようとしないのは寒さ対策なのかな?

そんな中、ノーマークだったクリスマスローズにすっかり顔を出した蕾を見つけた。
№53
ちょこっとだけお口も開いてきてるんだけど開花まではもう少しって感じね。
この株はかつて思いつきで土の種類を変えて
生育の違いがどうなるかを見届けようとした株の片方で
値下がり品となっていた同じ系統のラベルの2苗をそれぞれ別の土に植えて
様子を見ていたんだけれど用意したチビ苗のスタート時点の株の大きさが違っていたので
土の違いを大きく感じることはできずにお粗末な実験で終わっていたの。
花はそれぞれ咲いたけどあまり良い花ではなくて
そのうちこの2株の存在さえ忘れがちになってるような状態で
ここ2年ほどはUPもされていなかったと思う。
それにいつももっと遅い開花だったと思うんだよね。
それが今年は何を頑張ってくれちゃったんだか、早めに蕾を上げてきたみたいで
ブログネタに不自由してる今の私にとっての救世主的存在になってる。o(*^▽^*)oあはっ♪
また今年もあまり良い花は咲かせてくれないんだろうけれどねって思いながらも
ブログ更新の手助けをしてもらえた事に感謝してる。

この株には申し訳ないけれど気になる株たちはどれもがどんぐりの背比べのように
地味な生育状態でまだやっと芽を出したような株さえあって
σ(^_^)アタシ・・・相当焦らされてるな~って思うのよ。
早く大注目の株が育ってくれるのを楽しみにしてるのに
そういう期待の大きい株たちは至ってマイペース。
だったら新人さん発掘でも…って園芸店をふらついてもみたけれど
ドキッとする出会いもなくってなんだかモヤモヤした日々を過ごしてる。

[クリスマスローズ]プチ実験№52・53Comment(2) | Top ▲

思いつき実験もどきのその後

►2010/01/03 14:55 

2008年2月、今まで使った事のないクリスマスローズの専用土を手に入れたことから
おかしなプチ実験を思いつき出始めた。
もちろん思いつきで前準備もないまま始めた事なので用意できた苗も生育の違う値下がり品の2株だった。
実験株2
これがあまりに生育状態の違う苗、品種だけは同じものをと両方ともddピンクを使った。
これらを違う種類の専用土にそれぞれ植えて様子を見る事に。

        実験株A1

実験株A2
1枚めの写真で左側の大きい方の苗は株もしっかりしてきている。

        実験株B1

実験株B2
1枚めの写真左側のちょっと頼りない株はこの時点でとっくに負けを認めているような株。
最初から勝負が付いているような気もしたがしっかり苗をA株とし今まで使っていた専用土に
弱々しい株をB株とし新しく入手した専用土に植え付け置き場、施肥、水遣りなど同じように管理してきた。

ほぼ1年の月日が流れ2009年1月・・・。
        プチ実験株

プチ実験株A

プチ実験株B
もともと生育のよかったA株は未熟ながらも初花を見る事ができたが貧弱だったB株はあまり変化のないまま
もちろん開花も1年先という事になった。
同じ大きさ同じ生長具合の株を使わなかった事がつくづくマヌケだったと反省した。
この少し後、クリスマスローズの展示会でまた実験してみてくださいと土をいただいてきたので
この後、同じくらいの生長具合のどう品種の苗を探したけれどあいにく同じ結果になりそうな苗しか見つからず
そのうちに再度土の比較をするという意欲さえも消えていってしまった。

そして1年にちょっと満たない現在の2株はと言うと・・・
プチ実験株№52&№53
どちらがどちらだかおわかりになるかしら?

        プチ実験株A№53
こちらがしっかりした株からのスタートで初花も見る事ができたA株。
株元はやせ細り、花芽も上がる様子は今のところありません。

        プチ実験株B№52・1

プチ実験株B№52・2
そしてこちらが貧弱な苗だったB株。しっかり太い花芽が上がり蕾もなんとか確認できる程度になってきてる。
今ではすっかり形勢逆転となってきた。
この蕾が開くまでワクワクしながら見守り、去年一足早く咲いたA株の花とジックリと比べてみる事にしよう。

[クリスマスローズ]プチ実験№52・53Comment(8) | Top ▲

未熟な花

►2009/02/02 13:08 

№53DDピンク1

№53DDピンク2
プチ実験に使ったDDピンク・・・一応花が咲いたけれどこれが笑っちゃうほど未熟な花。
花弁も変だしシベも極端に少ない・・・本当は株が花を咲かせてあげられるほど育ってなかったんだろうな。
その割に無理しちゃってお供の蕾もつけてるんだからせっかちな株なのかもしれない。
おそらく2つめの花が咲いても同じように未熟だろうから来年以降の花を楽しみにってところかな。

[クリスマスローズ]プチ実験№52・53Comment(4) | Top ▲

こんなはずじゃ

►2009/01/07 11:21 

たまたま、ちょっと変わった土を手に入れた事から面白半分、興味半分で
土の違いを比較してみようかなと思ったのがこのプチ実験を始めたきっかけだった。
思いつきで行動してしまうので前準備が伴わないのは毎度の事、
しかし・・・その思いつきから始めた途中経過がこの有様とはなんとも情けない。
 プチ実験株
去年2月末に慌てて用意した苗のその後。
左が今まで使っていた土に植えたA株、右が良いと言われる土に植えたB株。
この写真を見れば一目瞭然、私の予想を大きく外している生長過程です。
こんなはずじゃ・・・思わず声に出てしまったのは言うまでもないといった感じです。
1年弱同じように管理して育ててきて、今現在の様子。
このプチ実験を思いついた時はB株の生長が著しいと言う結果が私の頭の中にあったはず・・・。
これじゃ、今まで使っていた土の方が良いという結果になってしまうじゃないか!
基本的にひいき目で見ていたのでこの結果は非常にマズイ。
これじゃ、新しく手に入れた土が良いと立証できないじゃないの~。
正直、記事にするのはやめとこうとも思ったんだけれど過去画像確認してみると・・・。

実験株2
こ~んなに株に違いがあったのよね~。
残り物の処分価格になった苗だから同じような状態の物を選ぶ事もできず、
良い土とされているのであればガンガン育って逆転するんじゃないかってな、安易な考えで
きちんと条件を同等にして始めるべきだったと今頃になって自分のマヌケさに気づいたのです。
本来の目的であった土の比較どころではありません。
クリスマスローズの株を買うのに一番重要と思われる株の選び方を思い知らされる途中経過。
もう、穴があったら入りたい心境です。(;^_^A アセアセ・・・
でも・・・せっかく始めた事なので今後もこの2株の様子を観察していかなくっちゃね。
・・・なんだか、このまま大恥かいた状態で終わらせるのがとても悔しいの。
こうなったら意地でも続けてやる・・・そんな気持ちです。ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

プチ実験株A
今まで使っていた土で育てたA株は蕾が少し開き始めていて
その状態を目にした私が取った行動と言えばおそらく皆さん、おわかりでしょう?
(≧∇≦)ノ ハーイ♪ホジホジしてみましたよ~ん。
一応、ダブルの花が咲きそう、でも・・・内側の花弁はとても短いようでまだ未熟な開花となりそう。
正直に言うとホジホジしたから外側の花弁を無理やりこじ開けたので1枚の花弁がペロッとなったみたい。
一応グリーンが残る花びらみたいだけれどこれも未熟ゆえ出ている現象なのか
現段階では判断できないかな~。

プチ実験株B
さてさて、問題のB株・・・この様子では今年の開花はなさそうに思えるかな。
それも仕方ないとあきらめて今後に期待する事に。(もう、そう言うしかないでしょ)
どうか私の期待をプレッシャーに感じないでハツラツと育ってくれる事を願うばかりです。

[クリスマスローズ]プチ実験№52・53Comment(14) | Top ▲

土の比較

►2008/02/29 11:28 

実験株1
先日、ちょっと変わった土を入手したので今まで使用していた土と比較してみようと
この値下がり株を買ってその違いを観察してみることにした。
実験だなんてほど大袈裟なものではないんだけれど適当なタイトルが浮かばなくて~~~。

所有株が増えてくるととても気になる元気のない株、植え替えを試みる時ほとんどが根の張りが悪い。
土もベタッとした感じでとても重い土に違和感を感じ始めて土の比べっこをする気になった。
比べっこするなら土以外のいろいろな条件を同じにしなくちゃいけない。
でも開花株を買って予算があまり残ってないからという事でこの値下がり株を使う事にした。
(写真撮りなおすのが面倒でボケボケ写真でm(_ _;)m ゴメン!!)

実験株2
ただちょっとだけ問題あり。株の生長具合が違うんだよな~。
幾つかのポットが売り場に残っていれば選べたんだけれどあいにくこの2ポットしか残ってなかったの。

実験株A3

実験株A4
生長のいい方の株を今まで使っていた土に植えてA株として様子を見る。

実験株B3

実験株B4
生長のあまり思わしくない株を生長が全然違うと言われる土に植えてB株とする事にした。
ただでさえ、株元細いし葉っぱも限られた枚数だったのに
植え付けの際葉っぱが1枚取れちゃってよけい貧弱になってしまった。
でもこれだけの違いがあるスタート・・・B株がA株と同等に
あるいはそれ以上に育っていくようならB株に使用した土の良さが立証される訳だ。
さ~て、それぞれどんな風に育っていくのか時々経過をご報告させてくださいませ。

[クリスマスローズ]プチ実験№52・53Comment(4) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。