スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

3年ぶり?

►2009/10/24 12:13 

ジングルベル1
もう何年も咲いてくれなかった冬咲きクレマチスと言われているシルホサ系のジングルベル。
2003年に購入して2006年の今頃の記事しか載せていない。
2006年以降の2年間は新しいツルを伸ばす事さえしていなかったように思う。
毎年芽が膨らんでくるけどその芽が動きを見せることなく終わってた。
株元は私の小指ほどにはなっているのだけれど残っている枝はすべて旧枝。
もう処分するつもりで今年が最後と決めていたらおそらく数日前から開いていたと思われる花。
o(*^▽^*)oあはっ♪捨てられなくなっちゃった。
花を見るのは3年ぶり!ひっそりと頑張っていてくれたジングルベルもすごいけど
3年間鉢を放置していた私も別の意味ですごいよね。
普通だったらとっくに処分してるだろうし!

ジングルベル2
これが6年経ったクレマチスとは思えないような小ささだけど
蕾もいくつかぶら下がってるのでしばらくは花が観賞できそう。

スポンサーサイト

[過去育てたクレマチス]ジングル・ベルComment(2) | Top ▲

いつの間にか・・・咲いてた。

►2006/10/23 10:56 

2003年、冬咲きのクレマチスが欲しくてお迎えしたジングル・ベル。
名前の響きが気に入ってしまっての購入だった。
ジングル・ベルはシルホサ系のクレマチスで10月から2月頃まで花を楽しむ事ができる。
他の系統のクレマチスが開花を終える頃咲き始めてくれるので重宝している。

実はこの株、もう枯れてしまったのかと思い、何の世話もされず
鉢の中は支柱を越えるほどの雑草に占領されていたのだ。
枯れこんで見えるその枝は中身がスカスカしているとても生存してるとは思えない様子だった。
鉢自体を片付けなくてはと思いながらも怠慢な性格ゆえ、放置したままになっていた訳だ。

昨日、クリスマスローズの鉢の中に落ちた柿の葉っぱを取り除いている際、
なにやら白い存在に気づく。
近づいてみると枯れたと思い込んでいたジングル・ベルに幾つかの花と蕾。
思わず、「生きてたんだ~♪」と。
20061023105217.jpg
頑張ってくれたご褒美に南側の日当たりのよい場所に移動。

20061023105225.jpg
・・・と思ったら本日、雨。

完全に枯れた枝を取り除いて、少しサッパリさせて・・・
これからはちゃんとお世話してあげるからね。

[過去育てたクレマチス]ジングル・ベルComment(4) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。