スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

モンタナに蕾。

►2007/03/23 12:51 

ポカポカのお天気でゆっくり花のお世話ができる事にちょっぴり幸せを感じられる。
そんな中、見つけたのが可愛らしい蕾。
立ち枯れからの生還、去年はたったひとつの花しか咲かせなかったモンタナ・エリザベス、
今年はもう少しお花に期待できそう。

20070323124842.jpg
小さな小さな蕾達、節の葉っぱの間からやっと出てきた。

20070323124856.jpg
こっちはさくらんぼみたいに垂れ下がってきてる。

スポンサーサイト

[過去育てたクレマチス]モンタナ・エリザベスComment(6) | Top ▲

たったの1輪・・・。

►2006/05/05 18:11 

20060505175814.jpg

先月の24日の記事に登場したたったひとつのモンタナ・エリザベスは
2~3日前から歪に開き始め、
今日やっと花びら全開となった。
たった1輪だけだからなのか、花も気持ち大きいように感じる。
今年は精一杯ツルを伸ばして来年はたくさん咲かないと掘りあげちゃうからねって十分言い聞かせておいた。
半分は脅迫かもしれない。
だって、バラを植えるのを断念して見守ってきたんだから
そのくらいの覚悟で咲いてもらわなきゃ、計算が合わなくなるもの。

目標としては去年のこの花付きのようになってもらいたいな~。
20060505181023.jpg

[過去育てたクレマチス]モンタナ・エリザベスComment(2) | Top ▲

復活・・・うれしくもあり・・・複雑な気持ち

►2006/04/24 17:31 

去年の秋に突然の立ち枯れ、ツルのほとんどが被害に遭い、もう復活する事もないだろうと
アーチの足元の株を引っこ抜くつもりでいた。
他の作業を優先してずっと後回しになっていたが
重たい腰を上げ掘り出す決意の元株元にスコップを突き刺したら
( ̄□||||!!なんてタイミングが悪いんでしょう。
古く太くなったツルの途中から新たな芽が伸びだしていた。
見なかった事にして抜いてしまおうかとも思ったのだが移植を嫌うクレマチス、
他へ移すのはかわいそうな気がして、わざわざ掘り起こさなくても冬は越せないんじゃないかと
安易な考えからそのまま放置した。
厳しい寒さを乗り越えたものの、一向に芽吹く様子もなく
やっぱり掘り起こしてバラに場所を譲ってもらう事にしたのだが
コヤツ・・・ついに新しいツルを伸ばし始めてしまった。
こうなると掘り起こすに掘り起こせない。
おまけにたった1つだけれど蕾が膨らんできてしまった。
たった1つの蕾のおかげでこのモンタナ・エリザベスは命を永らえた事になるのかな。
20060424172711.jpg

これが掘り起こすのを躊躇した新しいツル。
20060424172820.jpg

そしてこれが命拾いしたモンタナ・エリザベスの唯一の蕾。

[過去育てたクレマチス]モンタナ・エリザベスComment(4) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。